ページの先頭です
津田沼センターエリア

津田沼センターエリア


エリア概要コラム

緑豊かで暮らしも便利。住宅地として魅力が多い習志野市津田沼

習志野市津田沼は、習志野市と船橋市の市境に位置し、エリアの玄関口であるJR「津田沼」駅の一部は船橋市にかかっている。津田沼という地名は1889(明治22)年に町村制施行に伴い谷津村、久々田村、鷺沼村、藤崎村、大久保新田の5ヶ村が合併した際に、谷津、久々田、鷺沼の3つの村名から一文字ずつ取り誕生したものだ。

津田沼PARCO
津田沼PARCO

1954(昭和29)年、津田沼町と千葉市の一部が合併し、習志野市が発足した。高度経済成長期以降、周辺で大規模な埋め立てが行われたほか、宅地の開発も進められ、津田沼はベッドタウンとして大きく発展を遂げた。「津田沼」駅周辺では、「イトーヨーカドー 津田沼店」、や「津田沼PARCO」、南口には「ダイエー 津田沼店(現・モリシア津田沼)」)など大規模ショッピング施設が続々とオープンし、ショッピングタウンとしても人気を集めた。

千葉工業大学
千葉工業大学

また、「津田沼」駅周辺には「千葉工業大学」や「習志野市立習志野高等学校」など教育施設が集まり、文教エリアという側面も持つ。「津田沼」駅前にも学生の姿が多く、街に活気をもたらしている。

津田沼駅
津田沼駅

津田沼を暮らしの場として考えると、交通アクセスの利便性も魅力だ。「津田沼」駅にはJR総武線の各駅停車のほか快速も停車。快速なら「東京」駅や「品川」駅、各駅停車なら「秋葉原」駅や「新宿」駅にダイレクトでアクセスできる。快速の一部は「東京」駅からJR横須賀線に直通運転が行われており、「横浜」駅方面にも乗り換えなしで移動可能だ。快速、各駅停車ともに「津田沼」駅が始発となる電車が多く、座って移動できることもうれしい。

京成津田沼駅
京成津田沼駅

「津田沼」駅の北側には新京成線の「新津田沼」駅があり、「松戸」駅など千葉県東部方面への移動もスムーズ。さらに、エリアの南にある「京成津田沼」駅からは「成田空港」への直通電車があり、飛行機を使った旅行も便利だ。

イオンモール津田沼
イオンモール津田沼

千葉県有数のショッピングタウンとしてにぎわう津田沼は買い物も便利だ。とくに「津田沼」駅周辺には「イオンモール津田沼」や「モリシア津田沼」と言った大型のショッピング施設が集まり、日常の買い物から休日のショッピングまで楽しめる。2016(平成28)年には「津田沼」駅直結のショッピング施設「ペリエ津田沼エキナカ」がオープンし、さらに買い物の魅力が増している。

BROWN SOUND COFFEE
BROWN SOUND COFFEE

グルメも津田沼で暮らす楽しみのひとつだ。大型ショッピング施設を中心にファミリー向けのレストランが集まるほか、周辺の住宅地にも隠れ家的なグルメの店が点在する。とくに「BROWN SOUND COFFEE」はこだわりの珈琲が楽しめる店として、注目を集めている。

津田沼中央総合病院
津田沼中央総合病院

エリア周辺にはかかりつけに便利なクリニックが揃うほか、内科や外科、整形外科など12診療科に対応する「津田沼中央総合病院」など大規模な医療施設もあり、緊急時に身近で診療してもらえることも心強い。周辺には「谷津干潟自然観察センター・谷津干潟公園」など緑に親しめるスポットが多いことも魅力だ。

谷津奏の杜公園
谷津奏の杜公園

また、「津田沼」駅の南口周辺は「JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業」として、緑を生かしたまちづくりが進められ、2013(平成25)年に「奏の杜(かなでのもり)」としてまちびらきを迎えた。「奏の杜」では、ショッピング施設「奏の杜フォルテ」や豊かな緑を楽しめる「谷津奏の杜公園」など、利便性と環境を併せ持つ街が誕生。津田沼エリアはさらに暮らしやすい街へと変化している。

交通アクセスやショッピングの利便性に加え、穏やかな環境にも恵まれた習志野市津田沼エリア。この街は千葉県内でも有数の快適な暮らしが楽しめそうだ。


津田沼センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ