ページの先頭です
札幌センターエリア

札幌センターエリア


南極観測のヒーローも眠る大学植物園

北海道大学植物園

北海道大学植物園
北海道大学植物園

北海道の最高学府である「北大」こと北海道大学のキャンパスにある「北海道大学植物園」。正式名称は「北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 耕地圏ステーション植物園」で、大学での研究・教育・実習の場でありながら広く一般の人にも公開されている。大学の創始者の提言により開園した植物園で、日本国内では東京大学の「小石川植物園」に次いで2番目に古い。広大な園内には約4,000種の植物が生態学的に分類され、展示されており、中でも南極観測隊でお馴染みの「タロとジロ」の骨は多くの人の知るところ。

北海道大学植物園
所在地:北海道札幌市中央区北3条西8丁目 
電話番号:011-221-0066
夏期開園期間(庭園・温室・博物館施設):4月29日~11月3日
夏季開園時間:
4月29日~9月30日 9:00~16:30(入園は16:00まで)
10月1日~11月3日 9:00~16:00(入園は15:30まで)

冬季開園期間(温室のみ開放):11月4日~4月28日
冬季開園時間:10:00~15:30(入園は15:00まで・土曜日は~12:30)

休園日:4月29日~11月3日 月曜日(祝日の場合は翌日)、11月4日~4月28日 日曜日、祝日、年末年始(12月28日~1月4日)

入園料:大人 420円、中学生以下 300円 ※温室入場料は120円
https://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/


詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ

札幌センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ