ページの先頭です
大森センターエリア

大森センターエリア


エリア概要コラム

「馬込文士村」や「池上本門寺」の門前町として発展した大田区馬込・池上

大田区は東京23区の南部に広がり、古くから落ち着いた住宅地が形成されていた。とくに都営地下鉄浅草線「馬込」駅周辺の馬込はかつて文人に愛され、「馬込文士村」とも呼ばれていた。東急池上線「池上」駅周辺の池上は「池上本門寺」の門前町として栄え、今も情緒漂う街並みが広がる。

長い歴史を持つ馬込・池上

現在の馬込周辺は縄文時代には入り江となっており、貝類などの採取場所となっていたという。現在も「上池上遺跡」や「馬篭貝塚」など貝塚に当時の面影を感じることができる。

池上本門寺
池上本門寺

鎌倉時代になると没する直前の日蓮が池上氏の館付近に堂を開いた。これが「池上本門寺」の前身となり、今の池上周辺は門前町として発展を遂げる。

大田区立馬込第三小学校
大田区立馬込第三小学校

農村が広がっていた馬込・池上周辺だが、関東大震災前後に多くの文人が移り住むようになり、やがて「馬込文士村」と呼ばれるようになった。室生犀星もその一人で、「大田区立馬込第三小学校」の校歌も室生犀星が作詞したものだ。「大田区立馬込第三小学校」には室生犀星の離れが移設されているほか、室生犀星直筆の校歌の原稿などを展示する資料室「いおの部屋」もある。

馬込・池上周辺は昭和に入ると、住宅地として発展を遂げた。これらの住宅地に水道を供給するために造られたのが「馬込給水塔」だ。「馬込給水塔」は当時の水道構造物としては東洋一といわれ、現在も利用されている。

1968(昭和43)年には都営地下鉄浅草線の開通により「馬込」駅が開業。都心へのアクセスが良くなり住宅地としての人気がさらに高まった。

都心方面にもスムーズにアクセス可能

馬込駅
馬込駅

現在も交通アクセスの利便性は馬込・池上の大きな魅力だ。馬込からは都営地下鉄浅草線の「馬込」駅が使いやすい。「馬込」駅から都営地下鉄浅草線に乗れば、「新橋」駅や「日本橋」駅などにダイレクトアクセスできる。「五反田」駅でJR山手線に乗り換えれば、「渋谷」駅や「新宿」駅などにもアクセスしやすい。

池上駅
池上駅

池上からは東急池上線「池上」駅が便利だ。「池上」駅から東急池上線に乗れば、「蒲田」駅まで4分でアクセスできる。「蒲田」駅でJR京浜東北線に乗り換えれば、「品川」駅や「東京」駅など都心方面へのアクセスもよい。東急池上線で「五反田」駅へ出てJR山手線に乗り換えれば、「渋谷」駅や「新宿」駅などにもスムーズに移動できる。

スーパーマーケットから商店街までショッピング施設も充実

オオゼキ 池上店
オオゼキ 池上店

馬込・池上は買い物も便利だ。馬込には「文化堂 西馬込店」、池上には「オオゼキ 池上店」や「オーケー 仲池上店」など多くのスーパーマーケットがあり、日常の買い物を身近で済ませることができる。「馬込」駅前には「ホームセンター ケンマート」があるのも便利だ。東急池上線沿線には「久が原銀座商店街」など情緒漂う商店街が広がり、散策がてらの買い物も楽しい。

自然を感じられるスポットも豊富

東調布公園
東調布公園

馬込・池上周辺は緑豊かな公園も揃う。「東調布公園」には子どもが遊びながら交通ルールを学べる交通公園があり、展示されている蒸気機関車も人気だ。プールもあり、夏には多くの子どもでにぎわう。

本門寺公園
本門寺公園

「池上本門寺」周辺に広がる「本門寺公園」にはキャンプ場があり、気軽にバーベキューを楽しむことができる。少し足を延ばして、多摩川沿いに整備された「多摩川サイクリングロード」で散策やジョギングを楽しむのも心地よい。

長い歴史と自然環境に恵まれた大田区馬込・池上。ここは穏やかな暮らしを満喫できる街だ。


大森センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ