ページの先頭です
溝ノ口センターエリア

溝ノ口センターエリア


再開発で人気のタワーマンション街に生まれ変わった川崎市中原区武蔵小杉

川崎市中原区は川崎市のほぼ中央に位置し、かつては工業地帯として発展。近年は首都圏でも有数の規模で再開発事業が進められ、タワーマンション街としても知られるようになった。「武蔵小杉」駅は東急東横線、東急目黒線、JR横須賀線、JR南武線、JR湘南新宿ライン、相鉄・JR直通線が交わる交通の要衝で、「川崎市 中原区役所」を擁するなど中原区の拠点としてにぎわう。

「武蔵小杉」駅周辺は中原街道沿いの街として発展し、第二次世界大戦前後に多くの工場が進出し、工業地帯に成長している。近年、産業構造の変化に伴い、これらの工場は移転や閉鎖となったが、跡地にはタワーマンションや大規模ショッピング施設が続々と誕生。暮らしの利便性に恵まれた街として人気を集めている。

「武蔵小杉」駅からは多くの路線を利用できる
「武蔵小杉」駅からは多くの路線を利用できる

6路線が集まる「武蔵小杉」駅は交通アクセスの利便性も大きな魅力だ。東急東横線を用いれば「渋谷」駅へ一本、さらに東京メトロ副都心線へ直通運転を行っているので「新宿三丁目」駅へも乗換なしだ。東急目黒線を用いれば「目黒」駅へ。東京メトロ南北線や都営地下鉄三田線への直通運転を行っているので「溜池山王」駅や「大手町」駅へも一本でアクセスできる。また、JR横須賀線を用いれば「品川」駅や「東京」駅、JR湘南新宿ラインを用いれば「新宿」駅や「池袋」駅にダイレクトアクセス可能。JR南武線は「川崎」駅や「武蔵溝ノ口」駅などの川崎市内をはじめ、東京都多摩地区の拠点「立川」駅へと乗り入れている。さらに2019(令和元)年11月には 、相鉄線「海老名」駅とJR「新宿」駅を結ぶ、相鉄・JR直通線が運行開始。ルート選択の幅がさらに広がった。

「武蔵小杉」駅には「成田空港」行きの特急成田エクスプレス号が停車するほか、「武蔵小杉」駅前からは「羽田空港」への直行バスもあり、旅行や出張のアクセスもよい。

中原街道、綱島街道、府中街道など幹線道路が多く、第三京浜道路「京浜川崎」ICも近いことから、自動車も利用しやすい。

「グランツリー武蔵小杉」など大規模ショッピング施設が充実
「グランツリー武蔵小杉」など大規模ショッピング施設が充実

「武蔵小杉」駅周辺には「武蔵小杉東急スクエア」、「ららテラス武蔵小杉」、「グランツリー武蔵小杉」、「foodium武蔵小杉」など大規模ショッピング施設が続々とオープン。多彩な買い物を身近で楽しめることも「武蔵小杉」駅周辺の魅力と言えよう。

多摩川が近い「武蔵小杉」駅周辺は、自然に親しめる場所も充実。多摩川沿いにはスポーツ施設やサイクリングロードがあり、開放的な風景を眺めながら体を動かしてリフレッシュできる。「二ヶ領用水」など桜の名所も多い。

豊かな緑が心地よい「等々力緑地」
豊かな緑が心地よい「等々力緑地」

少し足を延ばせば、「川崎市市民ミュージアム」や「とどろきアリーナ」、「四季園」など多彩な施設がある「等々力緑地」がある。ここにはJリーグチーム川崎フロンターレのホームスタジアム「等々力陸上競技場」もあり、気軽に試合を観戦することも可能だ。

新病棟の整備が行われる「日本医科大学武蔵小杉病院」
新病棟の整備が行われる「日本医科大学武蔵小杉病院」

「武蔵小杉」駅周辺では現在も「小杉町3丁目東地区」の再開発開発事業が進められ、タワーマンションが誕生するほか「こども文化センター」も整備されることになっている。「日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」も進行中で、「日本医科大学武蔵小杉病院」は隣接地に新病棟が2021年9月に整備された。また、人口の増加に対応し、2019(平成31)年春には「川崎市立小杉小学校」が新設された。

東京都心の広いエリアにスムーズにアクセスでき、ショッピングタウンとしても注目されている「武蔵小杉」駅周辺。今後のさらなる利便性向上も期待でき、住宅地としての人気はさらに高まりそうだ。


溝ノ口センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ