ページの先頭です
吉祥寺センターエリア

吉祥寺センターエリア


井の頭恩賜公園の緑に抱かれたおしゃなショッピングタウン、吉祥寺

シンボルの欅並木と大正時代に建てられた「成蹊学園本館」
シンボルの欅並木と大正時代に建てられた「成蹊学園本館」

大型ショッピング施設に加え、おしゃれなカフェやショップも集まる「吉祥寺」駅周辺は、高感度な生活が実現できる街として人気を集め、住みたい街ランキングなどでも常に上位をキープしている。一方で「成蹊学園」や「東京女子大学」、「立教女学院」などの教育施設も多く、アカデミックな雰囲気も併せ持つ。

井の頭恩賜公園 井の頭池
井の頭恩賜公園 井の頭池

吉祥寺という地名は、かつて江戸の本郷元町にあった「諏訪山吉祥寺」が由来といわれている。この寺周辺の門前町は明暦の大火によって焼失。寺周辺の一帯が火除地とされたため、住人は立ち退きを余儀なくされた。ここに暮らしていた人々が移住してきたのが、新田開発が進められていた現在の吉祥寺周辺だ。この新田は、いつしか吉祥寺新田と呼ばれるようになり、吉祥寺という地名が誕生したという。今も吉祥寺周辺に短冊状の地割が残っているのは、新田開発の名残でもある。

また、1923(大正12)年の関東大震災後にも、都心部から多くの人々が吉祥寺に移り住んできた。とくに当時の上流階級が多く移住してきたこともあり、郊外の邸宅街として発展をとげた。同じ時期には「成蹊学園」や「東京女子大学」などの教育施設も移転。昭和初期には山本有三や太宰治といった文人が暮らしはじめたことから、吉祥寺は学生や若者で賑わい、芸術や学術、文化に対する意識が高い街になっていった。

吉祥寺駅
吉祥寺駅

JR中央線と京王井の頭線の乗り換え駅である「吉祥寺」駅は交通アクセスの利便性も高い。JR中央線の快速に乗れば「新宿」駅や「東京」駅にダイレクトアクセス可能。各駅停車には東京メトロ東西線への直通電車もある。井の頭線は「吉祥寺」駅が始発となり、「渋谷」駅方面に座って移動できるのもうれしい。

高井戸出入口・高井戸IC
高井戸出入口・高井戸IC

井ノ頭通りや吉祥寺通り、環八通りなどの幹線道路が多いため、自動車も利用しやすい。環八通り沿いには中央自動車道の「高井戸」IC(出口のみ)、首都高速4号新宿線の「高井戸」出入口もあり、高速道路にもスムーズに乗ることができる。

東急百貨店 吉祥寺店
東急百貨店 吉祥寺店

吉祥寺は古くからショッピングタウンとして栄え、今も多くの買い物客でにぎわう。「東急百貨店 吉祥寺店」や「コピス吉祥寺」、「吉祥寺PARCO」といった大型ショッピング施設のほか、「ハーモニカ横丁」、「ダイヤ街」、「吉祥寺サンロード商店街」などの商店街もあり、気分やニーズに合わせて買い物を楽しめる。近年は「吉祥寺」駅と「三鷹」駅の間の中道通りや昭和通り、大正通り沿いにおしゃれな雑貨店やカフェなどが集まり、高感度なスポットとして注目されるようになった。

三鷹の森ジブリ美術館
三鷹の森ジブリ美術館

「吉祥寺」駅南側に広がる「井の頭恩賜公園」は、江戸名所百景にも描かれるなど、行楽地として長い歴史を誇る公園だ。現在も、ボートを楽しめる井の頭池をはじめ、「井の頭自然文化園」、「三鷹の森ジブリ美術館」などさまざまな施設が揃う。公園周辺には緑を楽しみながらくつろげるレストランやカフェもあり、思い思いのひと時を過ごすことができるだろう。

多摩地域有数のショッピングタウンで、「井の頭恩賜公園」の緑にも恵まれた吉祥寺。この街には確かに多くの人を魅了する環境が揃っている。


吉祥寺センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ