ページの先頭です
川越センターエリア

川越センターエリア


仙波河岸史跡公園

仙波河岸史跡公園
仙波河岸史跡公園

かつてこの地域にあった「仙波河岸」の歴史、史跡を保存するために2004(平成16)年に開園した、緑豊かな自然あふれる公園。

まだ電車や車がなかった江戸時代末期から昭和初頭にかけて、江戸と川越の間で物資を運ぶため、この地域では船が使用されていた。これは「新河岸川舟運」と呼ばれている。

「仙波河岸」は、新河岸川の中でももっとも新しい河岸場であり、1846(弘化3)年に仙波東照宮と三芳野天神の修理のために使用する資材を運ぶために愛宕神社の崖下から沸き出た滝を利用して開設されたのが始まりだと言われている。明治の中ごろには交通の拠点として栄えたが、電車や車の発達によって、昭和の始めにその役割は終わっている。

senbakaganpark.jpg
senbakaganpark.jpg

公園内には、その船の往来があった河岸場、そして滝の跡地が残されている。また、自然観察湿性池、休憩広場、木デッキ歩道などもあり、人々の憩いの場として親しまれている。

仙波河岸史跡公園
所在地:埼玉県川越市仙波町4-21-2 
電話番号:049-224-5965
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/kuras..


詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ

川越センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ