ページの先頭です
川越センターエリア

川越センターエリア


川越市蔵造り資料館

川越市蔵造り資料館
川越市蔵造り資料館

川越には蔵造りの商家が多く、最盛期には100軒以上の蔵造りの建物があったという。「川越市蔵造り資料館」は、1893(明治26)年、川越大火の難を逃れた数軒の建物や東京の日本橋界隈の商家を参考に、当時煙草卸商を営んでいた小山文造(屋号 万文)が建てたもの。

資料によると、川越の蔵造りの特徴は店舗を蔵造りとしたもので、これにより周辺からの類焼を防いだり、裏へ続く土蔵と合わせて敷地内への飛び火を防いでいたと考えられる。また、鬼瓦や観音開きなどの装飾的な要素にも工夫が見られ、それらの知識があると、蔵造りを眺めながらの街歩きがさらに楽しくなる。

展示されている中には煙草卸商万文ゆかりのものもあり、1904(明治37)年頃に製造されていた牡丹煙草「蓬莱」や、東京芝にあった製造元である天狗煙草の看板、小売店に煙草を配達する際に使われた荷箱車など、当時の様子が分かる貴重な資料を見ることができる。(※耐震化事業中の為平成31年3月まで休館中)

川越市蔵造り資料館
所在地:埼玉県川越市幸町7-9 
電話番号:049-222-5399(川越市立博物館)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日は開館)、祝日の翌日(土曜・日曜は開館)、年末年始(12/29~1/1)、 館内整理日(毎月第4金曜、祝日は開館)
入館料:大人 100円、大学生・高校生 50円
http://www.kawagoe.com/kzs/


詳細地図

川越センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ