ページの先頭です
自由が丘センターエリア

自由が丘センターエリア


邸宅街として発展し、今はおしゃれなショッピングタウンとして人気を集める自由が丘

「住んでみたい街」ランキングにおいて上位に出て来る人気の街、自由が丘。スイーツなど人気のショップや、センスのよいファッションショップが集まり、都内でも有数のショッピングタウンだ。

自由が丘駅
自由が丘駅

「自由が丘」駅では東急東横線と東急大井町線が交差しているため交通アクセスの利便性も高い。東横線は特急や急行など全列車が停車し、利用できる本数が多いのもうれしい。東横線は東京メトロ副都心線に直通運転が行われているため、「渋谷」駅だけでなく「新宿三丁目」駅や「池袋」駅にも乗り換えなしで移動できる。「中目黒」駅では同一ホームで東京メトロ日比谷線に乗り換えでき、「六本木」駅や「日比谷」駅、「銀座」駅などにもアクセスしやすい。

大井町線は「二子玉川」駅や「大井町」駅方面へ行く場合に利用できるほか、「大岡山」駅では東急目黒線に接続。東急目黒線は都営地下鉄三田線や東京メトロ南北線に直通運転が行われているので、「大手町」駅や「溜池山王」駅方面に向かう場合も大井町線利用が便利だ。

フレル・ウィズ自由が丘
フレル・ウィズ自由が丘

買い物も自由が丘に暮らす魅力になるだろう。おしゃれな専門店と「東急ストア」が入るショッピングセンター「フレル・ウィズ自由が丘」や、カフェや雑貨のなど高品質で個性あふれるショップが並ぶ「トレインチ自由が丘」、ファッション、コスメ、ヘアサロンなど大人の女性向けのショップが集まる「Luz 自由が丘」と大型ショッピング施設も充実している。

La Vita(ラ・ヴィータ)
La Vita(ラ・ヴィータ)

イタリアのベネチアをイメージしたオープンテラスやボートが浮かぶ水路もある「La Vita(ラ・ヴィータ)」や、ヨーロッパの街並みを思わせる石畳の「マリクレール通り」なども自由が丘の人気スポットだ。

Mont St. Clair(モンサンクレール)
Mont St. Clair(モンサンクレール)

グルメの魅力も多い。とくにスイーツの名店は多彩で、日本におけるモンブラン発祥の店とされる「東京 自由が丘 モンブラン」、「お菓子のホームラン王」として有名なナボナを売る「亀屋万年堂 自由が丘総本店」、パティシエ辻口博啓氏のショップ「モンサンクレール」、ロールケーキの専門店として名高い「自由が丘ロール屋」、さまざまなスイーツを食べ比べることができる「自由が丘スイーツフォレスト」などが多くの人々を魅了している。

九品仏 浄真寺
九品仏 浄真寺

今はショッピングタウンとして発展した自由が丘もかつては竹藪が広がっていたという。1927(昭和3)年、ここに「自由ヶ丘学園」が開校したことをきっかけに、東京横浜電鉄(現・東急電鉄)が「九品仏前」駅を「自由ヶ丘」駅に改称。1932(昭和8)年には地名も自由ヶ丘と改められている。「九品仏前」駅の名にもなった「九品仏 浄真寺」は、1678(延宝6)年創建という古刹だ。また、「自由が丘」駅から歩いて約5分の場所には鎌倉時代以前の創建と伝えられている「熊野神社」もあり、この地の歴史を今に伝えている。

熊野神社
熊野神社

自由が丘は邸宅街としても発展した。大正末期の耕地整理事業により開発された自由が丘周辺の住宅地は、政治家や実業家、軍人、会社員など当時の上流階級に愛され、今に続く高級住宅街の礎となった。また、奥沢二丁目付近には「奥沢海軍村」として開発された一角があり、街並みや屋敷森に当時の面影を感じることができる。

ショッピング施設からグルメ、街並みまで上質さが漂う自由が丘。この街には確かに他の街にはない魅力が満ちている。


自由が丘センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ