ページの先頭です
福岡センターエリア

福岡センターエリア


エリア概要コラム

エネルギッシュな街、福岡の魅力を堪能できる福岡市中央区

福岡市中央区はその名の通り、福岡市の中心部に位置する区で、初代福岡藩主黒田長政の命により「福岡城」が築城されるなど、古くから福岡の中心として機能してきた。現在も九州地方最大の繁華街である天神をはじめ、大名、今泉、長浜、薬院など活気あふれる街が集まるほか、「福岡市役所」も中央区内にあり、福岡市の中枢としての機能は衰えていない。近年は、北部の埋め立てが進み、地行浜では「福岡 PayPayドーム」などが建つ「シーサイドももち」など新しい街が誕生した。

福岡城跡・舞鶴公園
福岡城跡・舞鶴公園

福岡市中央区は戦国時代に名をはせた黒田孝高(通称黒田官兵衛)ゆかりの地である。江戸時代徳川幕府の成立にあわせて孝高の嫡男であった長政が「福岡城」を築城し、以後、福岡藩の城下町として発展を遂げた。明治維新後は1876(明治9)年に福岡県の庁舎が現在の中央区天神に置かれ、1889(明治22)年には福岡市が発足。福岡県・福岡市の拠点としての地位を確立している。

福岡市文学館(赤煉瓦文化館)
福岡市文学館(赤煉瓦文化館)

こうした歴史を持つ中央区内には歴史を感じられるスポットも多い。とくに「福岡市文学館(赤煉瓦文化館)」は1909(明治42)年に竣工した貴重な建造物で国の重要文化財に指定されている。

西鉄福岡駅
西鉄福岡駅

中央区は交通アクセスの利便性も高い。天神にある西鉄天神大牟田線の「西鉄福岡」駅や「西鉄天神バスターミナル」には多くの電車やバスが発着。九州内でも有数の交通ターミナルとしてにぎわう。

唐人町駅
唐人町駅

さらに中央区内には福岡市営地下鉄空港線の「唐人町」駅、「大濠公園」駅、「赤坂」駅、「天神」駅に加え、福岡市営地下鉄七隈線の「天神南」駅のほか5駅がある。「天神」駅から「福岡空港」駅は福岡市営地下鉄空港線でわずか5駅10分と出張や旅行の際のアクセスもよい。福岡市営地下鉄七隈線は「天神南」駅から「博多」駅までの間が2020(令和2)年度に開通する予定で、さらに便利になるだろう。

天神地下街
天神地下街

買い物の利便性も中央区の魅力だ。「天神」駅周辺には「天神地下街」のほか「福岡 PARCO」、「福岡三越」など多彩なショッピング施設が集まり、買い物を楽しむ人々の姿が絶えない。西鉄や地下鉄各駅周辺にも「新鮮食品館 薬院バリュー」などショッピング施設が集まり、日常の買い物も便利だ。また、2016(平成28)年3月に閉館した「ホークスタウンモール」は再開発により、福岡市西部最大級のショッピングセンター「MARK IS 福岡ももち」が誕生した。

らるきい
らるきい

グルメの街としても知られる福岡市。なかでも中央区内には、名物の水炊き、もつ鍋、ラーメン、うどんなどの名店が集まる。ペットも入店可能なイタリアンの「らるきい」や上質の料理を堪能できる「フランス料理 KOJIMA」など多彩な店があり、シーンや気分に合わせてぴったりの店を見つけることができそうだ。

大濠公園
大濠公園

中央区は緑も多い。とくに「大濠公園」には大きな池の周囲を緑が彩り、渡り鳥が羽を休める姿も見られる。また、「南公園」には「福岡市動植物園」があり、気軽にレジャーを楽しめるのもうれしい。

福岡 ヤフオク!ドーム
福岡 ヤフオク!ドーム

「福岡ソフトバンクホークス」の本拠地である「福岡 PayPayドーム」ではプロ野球以外にもコンサートや体験イベントが開催され、多彩な休日のひと時を楽しめるのもこのエリアならではの魅力だ。

さまざまな魅力を持つ福岡市。中央区はその魅力を余すところなく堪能できる街といえよう。


福岡センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ