ページの先頭です
府中センターエリア

府中センターエリア


エリア概要コラム

緑豊かな「東洋のハリウッド」東京都調布市

東京都調布市は東京都多摩地域の東部に位置し、東側は世田谷区と接している。調布という地名は、律令時代にこの地域で朝廷に布を納めていたことに由来し、布田も同様の由来を持つといわれている。

映画の街として栄えた調布市

また、調布市内を通過する甲州街道は江戸時代に五街道の一つとして整備され、調布は宿場町として発展した。

昭和初期以降の調布は映画の街として知られるようになる。1933(昭和8)年には「日本映画多摩川撮影所」が誕生、翌年「日活多摩川撮影所」となった。その後「大映東京撮影所」など経営・名称の変更を経て、現在は「角川大映撮影所」となっている。

開設当時は東洋一の規模だった「日活調布撮影所」
開設当時は東洋一の規模だった「日活調布撮影所」

1954(昭和29)年には当時東洋一を誇った「日活調布撮影所」が開設されたほか、その後「中央映画撮影所」も開設。多くの撮影所が集まるようになった調布は「東洋のハリウッド」と呼ばれ、多くの映画スターが調布の撮影所から誕生した。

現在、規模は縮小されながらも「日活調布撮影所」や「角川大映撮影所」では映画の撮影が行われているほか、映画美術、フィルム現像などの映画関連企業多くあり、日本の映画界を支え続けている。

また、「映画のまち調布」としての文化を引き継ぐため「調布ジュニア映画塾」や「調布市高校生フィルムコンテスト」、「調布映画祭」、「キンダー・フィルム・フェスティバル」などの映画関連のイベントも多い。

京王線の全電車が停車する「調布」駅

地下化され利便性が増した京王線「調布」駅
地下化され利便性が増した京王線「調布」駅

調布市は交通アクセスの利便性も高い。調布市の玄関口となる「調布」駅は特急をはじめ京王線のすべての電車が停車する主要駅で、利用できる電車の本数が多い。「調布」駅から特急に乗れば「新宿」駅までわずか2駅と近く、短時間で移動できる。

京王線には都営地下鉄新宿線に直通する電車もあり、「市ヶ谷」駅や「神保町」駅方面にもダイレクトアクセス可能だ。

「調布」駅前を中心にショッピング施設や公共施設が集まる

「調布」駅直結のショッピング施設「トリエ京王調布」も誕生
「調布」駅直結のショッピング施設「トリエ京王調布」も誕生

調布市は買い物の利便性も高い。「調布」駅周辺には「調布PARCO」や「東急ストア 調布店」などのショッピング施設が充実。2017(平成29)年には「トリエ京王調布」も誕生し、さらに買い物の利便性が向上した。「国領」駅前にも「ココスクエア」や「コクティ」など多くの店が入るショッピング施設がある。

「調布」駅周辺には「調布市役所」など公共施設が揃う
「調布」駅周辺には「調布市役所」など公共施設が揃う

「調布」駅周辺には「調布市役所」や「調布市グリーンホール」、「調布市文化会館 たづくり」などの公共施設が集まり、使いやすいこともうれしい。

水や緑を楽しめるスポットが充実

市域の南側を多摩川が流れる調布市は自然に親しめるスポットも多い。多摩川の河川敷は緑地や公園として整備されている場所が多く、「調布市花火大会」の会場としても利用されている。多摩川沿いには「多摩川サイクリングロード」として整備されており、開放的な風景を眺めながらのサイクリングやジョギング、ウォーキングなどが楽しめる。

緑豊かな「神代植物公園」
緑豊かな「神代植物公園」

調布市内には「神代植物公園」や「味の素スタジアム」、2020年の東京オリンピックの会場として使用される予定の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」などもあり休日のレジャーやスポーツを満喫できるだろう。

都心にアクセスしやすく、買い物が便利で、自然も豊かな調布市。ここは快適な暮らしを実現できる住宅地として人気を集めている。


府中センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ