ページの先頭です
岡山センターエリア

岡山センターエリア


暮らしの利便性に恵まれ、歴史が薫る街並みが残る倉敷市

岡山県倉敷市は岡山県の南部に広がり、中国地方で3番目の人口を有する。南側は瀬戸内海に面している。1967(昭和42)年、旧倉敷市と旧児島市、旧玉島市が合併し新たな倉敷市が誕生。2005(平成17)年の旧船穂町と旧真備町編入で現在の市域となった。市域の南側で瀬戸内海に面し、海岸近くの鷲羽山周辺を除く大部分は高梁川沿いの平野に位置している。

美観地区
美観地区

旧倉敷市のうち「倉敷」駅の南側一帯は、松山藩から上方に物資を送る中継地として栄えた。江戸時代の倉敷では繊維工業も発展し、今の「美観地区」に残る白壁の土蔵や塗屋造りの町家に当時の繁栄を偲ぶことができる。

1 2 3 4 5 

岡山センターの取り扱い物件を探す

Loading ...

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 事業用不動産
ページの先頭へ

ページの先頭へ